2013年12月30日 (月)

白馬の雪形

山を駆け上がる白馬 のように見えます↓

Photo_5
2014年は午年(うまどし)だけに、丹沢山塊に現れるこの雪形、改めて注目されるかも。

白馬の雪形は降雪時、蛭ヶ岳から南東へ約800mの所にある「鬼ヶ岩の頭」(標高1608m)の中腹に出現します。

Photo_2↑この雪形は、宮ヶ瀬湖畔にある、道の駅風「鳥居原ふれあいの館」(相模原市緑区)からも、よく見えます。
写真は2008年2月の撮影ですが、さて、この冬の積雪具合はどうなるでしょうか。

2012年5月25日 (金)

国道16号を歩く[その2]

わが街 相模原市の国道16号を歩く、2回目は、谷口陸橋下から総合卸売市場前までの約3キロです。【撮影=Sony α100+SAL28F28=2012.5.12】

クルマでよく通る交差点なのに、その角にあるこの店に、これまで気づきませんでした↓
Photo
↓その「手作り工房」の店内
Photo_2
和凧や和太鼓から日用品まで、さまざまな手作り品がびっしり。
「ご自由にお持ちください」と書かれた箱から、記念に、可愛らしいキーホルダーを頂きました↓
Photo_3

次の「鵜の森」交差点の先から、左手に緑が広がります↓
Photo_4

16号に沿って1km余続く、この「木もれびの森」の中を歩きました↓
Photo_5

騒音の国道とは打って変わって、静寂の小道です↓
Photo_6

ドライブの一休みに、地元の特産品なども並ぶ「道の駅」は、とても便利です。
それにあやかろうというのか、「駅」の付く店が、二つありました。
Photo_7
↑バイクのお店。お気軽にお寄りください という意思表示でしょうか。
↓こちらは「市場の駅」。
Photo_8
↑相模原総合卸売市場の中にある、一般の人が買い物できるスーパーです。

ちなみに、国道16号に面している、ほんとうの「道の駅」は、千葉県八千代市の「道の駅  やちよ」のみ。
神奈川県、東京都、埼玉県には、16号に面した「道の駅」は、ありません。

ワンだ風呂? 沿道にあった ペットエステ です↓
Photo_9
↑犬の美容室とか。ワンダフル をもじった、これがほんうとの「お洒落」のお店ですね (^。^)

---------------------------

より大きな地図で わが街の国道16号を歩く を表示

2012年5月 5日 (土)

国道16号を歩く[その1]

日頃、車で走ることの多い、わが街 相模原市の国道16号。ひょんなことから、その市内区間約15kmを、何度かに分けて歩いてみようと思い立ちました。【撮影=Sony α100+SAL28F28=2012.4.28】

歩き始めは、ゴールデンウィーク初日。市内の国道16号 東南端、南区上鶴間からです。
Photo
↑内側4車線が国道16号。外側の県道56号と合流する大和市との境に案内標識があります↓
Photo_2

ケヤキ並木の沿道には、ガソリンスタンドやディーラーなど車関連店が多いです。自動車用品店↓
Photo_3

でも、それらに混じって、こんなレトロ家具店も↓
Photo_4

_2 
↑店の名は「古福庵」。店内には趣のある時代家具や古民具が置かれています↓
_1_2

国道16号の起点は、横浜市西区の高島町交差点。では終点は?
20km
答え)実は、終点も同じ交差点です。
16号は都心から半径30~40kmの近郊都市を環状に結ぶ約250kmの国道。
ただし「環状」といっても、千葉県富津市と神奈川県横須賀市間の東京湾内は、フェリーはあっても「道」はありません。

車で16号を走っていると、回転寿司やファミリーレストランなど、大きな駐車場付きのチェーン店が目につくのですが、歩きだと、ちょっと奥まった、こんな店が気になります↓
Photo_5
↑相模大野七丁目交差点角のインド料理店

Photo_6
↑谷口(やぐち)陸橋下交差点近くのイタリア料理店

初回の散策は、この「谷口陸橋下」交差点までの約2.5キロでした。
---------------------------

より大きな地図で わが街の国道16号を歩く[その1] を表示

2012年4月11日 (水)

今年の桜は、萼堂記念館で

桜の季節に、相模原市緑区の尾崎萼堂(おざきがくどう)記念館に行った訳は・・・【撮影:Sony α100+DT18-200㎜/2012年4月10日】

Dsc01538_1

日本より、だいぶ早く咲いたアメリカ・ワシントン市の「桜」。今年が日本からの寄贈100周年だそうです。
100年前、同市に3千本の桜の苗木を寄贈した人こそ、当時の東京市長 尾崎咢堂、その人です。

1858年(安政5年)この地で生まれ、本名を尾崎行雄といい、その屋敷跡に記念館はあります。

Dsc01555_1

戦後の1954年(昭和29年)96歳で没するまでの間に、衆議院議員を63年も務め、藩閥官僚や軍部に抗して憲政の発展に尽くしたことから「憲政の神」「議会政治の父」と称されています。
館内の、こぢんまりとした資料室に、その生い立ちと活動を物語る写真や資料が展示されています。

咢堂は、政治の善悪をどう考えていたか。敷地内にある「善悪乃標準」の碑から、それが読みとれます↓
Dsc01542_1
ちょっと読みづらかったですが「世人乃幸福をます言行ハみな善事之をへらす言行ハみな悪事」と刻まれています。
単純明快ですね、消費増税や原発再稼働に走る、どこかの国の首相に読ませてあげたいものです。

---------------------------
尾崎萼堂記念館のご案内は、こちら(←相模原市観光協会公式ホームページです)。

2012年3月24日 (土)

やっと、梅たより

ついに「春一番」は吹かなかった今年の関東。春分の日の二日後、市内緑区の本沢梅園へ行ってきました。
【撮影:Sony α100+DT18-200㎜/2012年3月22日】

Dsc01360
↑バックに紅梅は咲き揃っているものの、約千本の白加賀が梅園の斜面を白一色に染める圧巻は、まだ先↓
Dsc01347

梅園を囲む木々からは うぐいす の鳴き声が聞こえてきます。
小一時間待ったのですが、来てくれたのは、この小鳥でした↓
Dsc01391_1
(種名不詳でしたが、エナガ鳥ではないか と教えてくれた方がいらっしゃいます)

---------------------------

本沢梅園のご案内は、こちら(相模原市観光協会公式ホームページ)です。

«わが街とダイヤモンド富士